講師紹介

栗城 史多 氏

「山と地球を感じたいてみたい」と思い、
6大陸最高峰を単独登頂

インターネットを通じての動画配信を行い、「冒険の共有」を目指すようになる。現在、全国で講演活動を行いながら、スキーと高所登山、そしてエベレストのインターネットライブ中継という新しい冒険を目指し突き進む。

栗城 史多Nobukazu Kuriki
登山家

PROFILE

1982年北海道出まれ。大学山岳部に入部後の2004年6月、初の海外旅行で北米大陸最高峰の「マッキンリー」(6194m)を単独登頂。2005年1月、南米最高峰「アコンカグア」(ポーランド氷河)に単独登頂後「山と地球を感じたいてみたい」と思い、6大陸最高峰を単独登頂してきた。 卒業後2007年からはヒマラヤ8000m峰を目指すようになり、2007年5月、ヒマラヤ初遠征で世界第6位高峰「チョ・オユー」(8201m)の単独・無酸素登頂を果たす。

講師一覧に戻る このセミナーの参加者の声を見る

ハピネスセミナーお得なチケット制
参加者の声
お問い合せ この人の講演を聞いてみたい!